ピルと妊娠

ノルレボジェネリックのアイピル

ジェネリック医薬品のアイピル

最近アフターピルのことについてやたらと調べているせいか知識がすらすらと出てくるようになりました。

最初は私自身が使おうか悩み調べていましたが、アフターピルや妊娠の知識がついていくうちに、上の娘も初めての彼氏ができてもいい頃だと思い妊娠やアフターピルのことについて知ってほしいと思うようになりました。

もしも娘がアフターピルを使う日が来るのなら、私はしっかり知識をつけておかなくてはと思いもっと詳しく調べ始めたのです。

まず気になったのが本当に服用しても安全な薬なのかということやアフターピルの安全性でした。調べてわかったのはアフターピルは外国製品が多いということです。

病院では日本の製薬会社が作っているノルレボ錠というアフターピルを購入することができますが、病院だと若干お高め・・・
そんな時に、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるアイピルというアフターピルを見つけました。
アイピルを見つけた
通販でも購入出来て値段も病院処方のノルレボ錠に比べて断然安い!!そういえば外国育ちの友人もアイピルを使っていると言っていた。友人いわく「あのシプラ社が製造しているから安心だし安全よ」とのこと。でもシプラ社って何?て感じでした。

調べてみると世界的にも有名な製薬会社だそうで、高品質で質のいいお薬が世界からも定評があるのだとか。なるほど、日本の製薬会社が作るノルレボ錠のジェネリック医薬品に認定されるだけあって日本にも引けを劣らない製薬会社なのも納得ですね。

それにアフターピルの中でもアイピルはダントツの人気があるみたいです。副作用も従来のアフターピルに比べて副作用が少ないのもアイピルの魅力なのだそうです。しかし、副作用がないわけではないみたいです。

副作用が酷い人は嘔吐や腹痛、頭痛もあるのだとか。でも日本のジェネリック医薬品と聞くと安心しますよね。私も試しに使ってみようと思っています。

女子中学生の後ろ姿

早すぎる妊娠をしないために母親の私ができること

最近に周りにおめでたしている夫婦が増えたような気がします。芸能人もできちゃった結婚の報道も良く聞かれるし子どもを妊娠してから結婚することが一般化してきているような気もします。

私は子どもたちには結婚してから子どもをつくってほしいと思っているタイプなのですが考え方が古いのかと思い旦那さんに「娘が妊娠したらどうする?」と聞いてみたところ、急に顔が鬼のような表情に変わり「相手は誰だ!!」と言ってきました。

例えばなしだったのですが、旦那さんもできちゃった結婚は許せないという感じでした。

上の娘のそろそろ彼氏もできる年齢なのだし、早すぎる妊娠をしないためにも避妊をしっかりしてほしいというのが母親の願いです。
外国では家族でも性について話をすると聞きました。

ある程度の年齢になれば教えなければいけないものの、どう話を切り出していいか判らずにいます。娘が彼氏を連れてきた時に避妊の大切さを教えようか悩みどころです。

ということで話すタイミングを海外の母親たちから学んでみようと思い友人に母親がアメリカ人ハーフの子がいるので聞いてみたところ、中学生の時に好きな男の子がいることを自宅で話したら母親に「セックスするのなら避妊は絶対よ!」と言われてアフターピルを一錠渡されたそうです。
アメリカの街中
友人は学生時代をアメリカで過ごしていた帰国子女ということもあり、日本人の性に対する知識のなさに最初は驚いたと言っていました。
さすが自由の国アメリカ!性に対するスケールの違うことに私も驚きました。

彼女はその後、好きな彼と付き合い母親からもらったアフターピルも服用したと言います。

さすがに私は娘が好きな人ができたと言ってきてもアフターピルを渡すことができないです。しかし娘にもアフターピルの存在は知ってほしいと思いました。大切な娘ですから自分の身を守ってほしいと思いその日の夜に自分で自分の身を守ることの大切さともしもの時の為に緊急避妊薬であるアフターピルの存在を教えました。

最初は気まずそうにしていた娘でしたが、知ってほしいことだと伝えると娘も「ありがとう」と言ってくれてホッとしました。

私のテンションアップの方法3つ!!!

私はよほど興味がない限り、やる気が出るまでに時間がかかることがあるタイプだと思います。

でも、日常生活の中には、やらなければならないこともいっぱい…
そんな中、私がモチベーションを上げるために行っていることを紹介します。

1. ノートに書く
何かを調べなければならない、何かを買わなければならない等日常生活にはモチベーションを上げなければ面倒くさいと感じてしまうことがあります。

そんな時、私はノートに手書きでその順序や分かったことなどをとにかく書いていくようにしています。

例えば私は先日、海外での滞在ビザを取得するための方法についていろいろ調べなけれればなりませんでした。

インターネットにはいろいろな情報が出回っていますし、一か所に電話すればすべて解決するというわけでもないし、とても面倒だと感じました。

でも、これから調べなければならないことや、その都度分かったこと、そこから出た疑問などをノートに書いていくと、自分が調べなければならないことが頭の中で整理され、モチベーションが上がります。

自分で書くことで疑問点も整理されるし、目で見ることで「あとこれが分かれば解決!」などということも分かります。

注意する点は、手書きをすることです。

手書きなんて!と思う人もいるかもしれませんが、手で書くことに意味があります。

同時に達成感も得られます。
ノートに書いて達成感
2. 時間を決める
やらなければいけないことは、たいてい「面倒くさい」と思うものです。

そのため、時間を決めることで「この時間だけ頑張ろう!」と思い、モチベーションを上げることができます。

例えば何か調べ物をする時など、長々とやっても良い事がない、という場合もあります。

頭が疲れたら効率も悪くなりますから潔く時間を決めることで短い時間だけ集中する、ということができるのです。

もしその時間では足りなかったと思ったら、しばらく休憩や別のことをする時間を挟んで、また短時間集中すれば良いのです。

私は興味がない事には長時間集中ができないダメ人間であり、気が乗らないことを長時間続けて疲れてくるとイラついてますます嫌になってしまうため、モチベーションを持続させるためにも適度な休憩が必要なのです。

まるで子どものような言い訳ですが… (大人っていいですよね、自分で休憩時間を決められますから笑 子どもは大人に決められたルールの上で生きていますが、大人は自分のルールで生きていられます笑)前回航空券を購入する際は、様々なサイトを開き、出国日と帰国日を調整し、すべての値段を考慮して、できる限り安いものを選びました。

でも、どれも似たようなサイトで出国日と帰国日を毎回変え、値段を調べる…という単調な作業は確実に飽きますし、徐々に分からなくなってくるため、適度な休憩が必要でした。

3. 明日からやる!と割り切る
明日からと割り切る
モチベーションを上げようとしても、なかなか上がらないこともあります。

モチベーションを上げなければできないようなことはそもそも多少の集中力が求められるケースが多いですので、無理!と思ったらいっそのこと、「明日から頑張ろう」と思うことも大切です。

中途半端にやったって意味がないと思ったら、いっそその日は何もやらず、次の日に頑張る、ということも大切です。

次の日にモチベーションを上げて頑張れば良いのです!ただし、先延ばしにしたからには、いちいち「休憩しよう」なんて言ってはいられません。

私の場合は「明日から頑張ろう」と思った時は特に、1.で述べたようにノートにとにかく書き出して、短時間で終わらせようとすることが多いです。

常にノートに書き出す、ということは実行していますがしっかり書けば書くほど頭が整理されるため、より短時間で終わらせることが可能になります。

これが私が試している3つの方法です。

特にノートは1冊のノートに全て書き、私はこれを「ストレス発散ノート」と呼んでいます。

でも記入したページが増えていくと、「自分頑張った!」と思えるため、これからも続けていくつもりです。